「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

箱根 サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム☆

c0069848_19124292.jpg私の母は、私や姉や兄を身籠っている時、“純粋な心を持った子供が生まれるように…”と、『星の王子さま』をお腹に読み聴かせてくれていたんだそうです。物心つく頃、そんな話を聞いてしまったものですから、私にとって『星の王子さま』はかけがいのない特別な存在。折にふれ、読み返し、大切な人へプレゼントしたりしてきました。
そんなわけで、箱根散策の幕開けに、念願の【箱根 サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム】へ行ってきました☆

c0069848_19132481.jpg
“星の王子さまワールド”みたいな場所を想像していた私の予想は外れ、そこは、作者サン=テグジュペリの人生と、作品に込められた想いに触れられるテーマパーク☆ エンターテインメント的なアミューズメント性はあまり強くなく、広すぎず、混雑しておらず(←平日だったから?)、園内に流れるちょっぴり不思議なゆる〜い空気感に、なんだかほっこり癒されてしまいました☆

c0069848_191409.jpg作家であり、飛行家でもあったサン=テグジュペリ(1900〜1944)は、世界各地を飛び回り、ロマン溢れる生涯を送っています。1935年には、パリ=サイゴン間長距離飛行の記録更新に自家用機で挑戦し、リビア砂漠で不時着して、5日間砂漠の中で独りで彷徨しており、この事故が『星の王子さま』のヒントになったと言われています。また、モロッコでの飛行場長時代(1927〜1929)には砂漠の孤独な生活をキツネと共に過ごし、アルゼンチンでは南米のバラのような美しい女性コンスエロと恋に落ち、最期は、コルシカ島から空へ飛び立ったまま行方不明となった彼は、星の王子さま自身でもあったように思えます。

大好きな寓話の奥に秘められた多くの真実の物語を知るにつれ、『星の王子さま』のメッセージが深く深く心にしみわたっていきます☆ 映像ホールで思わず感動の涙を流した後に、レストラン ル・プチ・プランスで飲んだワインは格別の味でした♪

今夜も空には“五億の鈴”がキラキラ笑っています☆★☆★☆
[PR]
by QofQ_fcoopy | 2006-04-27 03:03 | ☆fc∞pscope | Comments(4)


沖縄在住 Image & Sound Navigator☆ 光と音と人が奏でる Magical Harmony を追究×表現しています**


by fcoopy

fc∞py's profile

カテゴリ

全体
〇 fc∞pscope 〇
♪ pARTy info ♪
△ unicorn △
☆ visual works ☆
☆ work profile ☆
☆ profile ☆

タグ

最新の記事

あけましておめでとうございます〇
at 2017-01-30 02:07
JUDEE SILL 「TH..
at 2016-12-25 10:25
HOLY NIGHT FAN..
at 2016-12-19 05:23
pARTy life…∞
at 2016-11-25 01:11
no music, no l..
at 2016-10-28 14:23

Twitter

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 02月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 02月
2003年 01月