「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

〇節目〇

2003年2月4日に東京から沖縄へと移住して、丸12年の月日が流れました。
2月3日の節分で、干支がぐるっと一巡りして、
2月4日の立春∞満月に、南の島ライフ13年目がスタート☆

2月6日には42歳の誕生日を向かえ、
人は7年のリズムで成長すると考えるシュタイナーの7年周期的には、
人生における第7番目の7年サイクルのはじまりはじまり~∞

c0069848_22145764.jpg

「おうちでできるシュタイナーの子育て」という本の中に、
ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーが示す7年周期説についてこう記されてありました。
「第一期・からだの成長」
 0~7歳:歯の生え変わりまではからだづくり
 7~14歳:豊かな内面生活と関係づくりのはじまり
 14~21歳:人生への衝動と葛藤の時期
「第二期・魂(こころ)の成長」
 21~28歳:新たな世界や自分の壁との出合い
 28~35歳:人生を組み立て、地にしっかりと根付く時期
 35~42歳:より本質に向かって意識的に生きる
「第三期・精神的・霊的成長」
 42~49歳:経験を伝え、新たな分野でも活躍
 49~56歳:自分本来の心の声に耳をすます
 56~63歳:人生を振り返り、洞察を深める時期
 63歳以降:叡智の輝きを放つことができる時期

私が突入しようとしている第三期=精神的・霊的成長期は、 
・人間としての成熟期。
・からだは 成長してきたのとは逆に四肢、腹部から胸部、頭部へと衰えるが、そのぶん知恵や徳を得る。
・どのような人生の果実を収穫し、ひとびとや社会に「与える」ことができるかが課題。

そして、第三期の最初の7年期となる42歳からの7年間(第7・7年期)はというと、
・新しい価値観、ものごとの見方を獲得する時期。
・筋肉、消化器官、生殖器官が衰えていくものの、「どんな才能をこれまでに眠らせてきたか」を自身に問いかけ、発展可能な能力を伸ばすことを課題とする。
・社会活動に目をむけ、新たな分野で創造性を発揮し、イニシアチブをとることができるようになる。
・今までの経験で得たものを自分の能力に変え、若い人に伝えていく事も必要に。

上記の三つの時期を音楽にたとえると、
 第一期・からだの成長=楽器づくりの頃
 第二期・魂(こころ)の成長=楽器演奏の練習の頃
 第三期・精神的・霊的成長=自分の交響曲を作曲し、演奏する時期


なるほど。
でも、私はまだ練習が足りない気がする。
身体的成長も、結婚や出産も、みんなより遅めだった私にとっては、私の音楽を創作し奏でる時は、もう少し先のように思う。

c0069848_22175202.jpg

子供達が幼いうちは、ゆったりした気持ちでひとりひとりををみつめてあげたい。
なにしろ、ルウリはまだヨチヨチのおっぱいっこ1歳児。
ララは今春、ピカピカの小学1年生。

無理せず、焦らず、欲張らず、
日々のあれこれに、かけがえのない瞬間に、
喜び、祝福し、感謝して過ごしていきたい。

その中で、自分のための時間を紡ぎだし、
来るべき時に向けて、環境を整えていけたらいいな。
これから先の自分に必要な知識や技術を習得していきたいな。

精進あるのみ。
つれづれ想う42歳の新春です∞

※写真は、誕生日に旦那様からプレゼントされたピンクのお花の鉢植えと、ララからプレゼントされたハートの花束の塗り絵

[PR]
by QofQ_fcoopy | 2015-02-11 22:44 | 〇 fc∞pscope 〇 | Comments(0)


沖縄在住 Image & Sound Navigator☆ 光と音と人が奏でる Magical Harmony を追究×表現しています**


by fcoopy

fc∞py's profile

カテゴリ

全体
〇 fc∞pscope 〇
♪ pARTy info ♪
△ unicorn △
☆ visual works ☆
☆ work profile ☆
☆ profile ☆

タグ

最新の記事

あけましておめでとうございます〇
at 2017-01-30 02:07
JUDEE SILL 「TH..
at 2016-12-25 10:25
HOLY NIGHT FAN..
at 2016-12-19 05:23
pARTy life…∞
at 2016-11-25 01:11
no music, no l..
at 2016-10-28 14:23

Twitter

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 02月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 02月
2003年 01月